2018年10月17日

山上は早くも冬の様相

181017gg.JPG
秋晴れの10/13(土)、五竜岳(標高2,814m)手前の大遠見山(標高2,080m)まで登ると水たまりには氷が張っていて、日毎に冬が近づいているのを感じました。紅葉のピークはテレキャビンの中間〜上部辺り。来週にはとおみゲレンデまで色付きが下りてきそうです。冷え込みが強まり、北アルプスの稜線に雪が積もれば「三段紅葉」が期待できます。
posted by グリーンゲーブルス at 15:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする